チャレンジ雇用案件(2019年3/22現在)

チャレンジ雇用近況 現在、案件少ない。一方で常用雇用が増加傾向。 2020年度を目途に、法定雇用率を達成できなかった場合「庁費削減」が開始予定それを受け、中央省庁は一時的なチャレンジ雇用ではなく、常用雇用を強化か。 スポンサーリンク 参考:「チャレンジ雇用とトライアル雇用の違い」 採用人数就労場所住所職種基本給30人東京都教育…

続きを読む

動き出した!府省、自治体

「庁費削減」突きつけられる課題山積各府省、各自治体で始まる採用合戦。 国や企業などは、従業員数の一定割合以上の障害者を雇うことを障害者雇用促進法で義務付けられている。この「一定割合」のことを法定雇用率と言い、現在は国や地方自治体が2.5%、企業が2.2%となっている。 さて、この企業や自治体などに課された法定雇用率、達成できなかった場合…

続きを読む

てんかん予兆、下着で

てんかん予兆 下着で検知発作数分前からの心拍の波形の乱れから高率で予兆を検知、患者に知らせる てんかん発作の予兆をスマートフォンで患者に知らせるシステムを、東京医科歯科大と名古屋大、熊本大の研究チームが開発している。下着に内蔵したセンサーが心拍の変化を検知する仕組みで、意識を失うことで起きる大けがや事故の回避が期待できる。2019年度にも実際…

続きを読む

てんかんComment (0)

チャレンジ雇用(2019年1月7日現在)

東京都教育庁が現在大量募集30名。チャレンジ雇用とは?こちらチャレンジ雇用案件の探し方はこちら  就労場所住所職種条件など1人事院東京都千代田区郵便物の仕分けなどPCスキル2東京都教育庁各部、各事業所又は各都立学校等東京都新宿区東京都台東区東京都府中市オフィスアシスタント不問 障がい者の就労を支援するためのブログです。 是非…

続きを読む

記事リンク