面接官に与える印象を「最大限」良くする

皆様、こんにちは〜
障害者職業コンサルタントの貫井(ぬくい)です。
就労支援を通じて、あなたの課題を解決します。


本日のゴール

面接官に与える印象を「最大限」良くする方法を学ぶ

面接時に大事なのは話す内容よりも「見た目」や「話し方」です、と言ったら驚かれるだろうか。
今日は第一印象をコントロールすることによって面接を少しでも有利にする方法です。


スポンサーリンク


第一印象をコントロールしよう!!


先ずは、メラビアンの法則をご紹介する。
心理学者のアルバート・メラビアンが提唱した概念で、話し手が聞き手に与える影響を研究と実験に基づいて数値化したもの。

人の第一印象は以下で決まるとメラビアンは言っている。

・見た目  55%
・話し方  38%
・話の内容   7%


私たちが面接に臨む際にどうしても話す内容に重きをおいて考える。

自己紹介では何を言おう?
退職理由を聞かれたらこう言おう。
こんな質問されたら・・・
障害特性をどう説明しよう・・

などなど

当然、話す内容も大事であり合否の重要な判断材料・・

だが、上記割合から面接での大切な順位が見えてきます。面接でどのように答えようか、何を言おうかと「話す内容」を重要視しがちですが、話の内容からの印象はわずか7%です。

実際に重要なのは話す内容よりも見た目と話し方であることが分かります。

ちょっと実験してみましょう。

「御社で頑張ります!」

面接女性2.png

これを表情豊かにハキハキと話す方と元気なくうつむき消えそうな声で言う方とどちらを面接官は採用したいでしょうか?前者のハキハキと言ってくれる方ですね。同じ「話す内容」であっても「見た目」や「話し方」が良い方を選びます。


では、どれぐらいの時間で見た目や話し方からの印象を決めるのでしょうか。
私たちは、意識してはいませんが第一印象から人の印象を形成しています。



第一印象は○秒で決まる!!




暗そうな人だな
明るくて元気そうな人だな

第一印象はどれぐらいで形成されるのでしょうか?


心理学者のソロモン・アッシュは一般的には5,6で、人と会うことが多い人は1,2で印象は形成されるとしています。

また、人は最初の印象に影響されやすく一度形成されると中々評価を変えません、これを初頭効果(しょとうこうか)と言います。

つまり、最初の印象が大事ということです。


door_out_businessman.png

面接でドアをノックした際に「失礼します」と小さな声で弱々しいとそれだけで「暗い、弱々しい人」という印象が形成されその印象はそのあとも続きます


一方で、第一声が元気でハキハキしていたらどうでしょうか?


「お、この応募者は元気で明るそうだ!」


という好印象を最初に与え、その評価を継続させることができます。


メラビアンの法則から「話す内容」よりも「見た目」と「話し方」が大事ということ、初頭効果から数秒で印象が形成され、一度形成された印象は良くも悪くもその後続く、なので最初の印象がとても大事というこですね。

ちなみに面接官のように普段から多くの人と会うことが多い人は1,2秒で印象を形成します。

ドアをノックして面接室に入る前に笑顔を作って入りましょう。


スポンサーリンク


初頭効果を高める5つのポイント


外見 服装や髪型など。 清潔感 シャツにシワが入っていたりネクタイが曲がっていたりしていないか。

表情 笑顔。口角を上げましょう。

視線 面接官の目を見るようにしましょう。目が泳いでいると落ち着きがないという印象になります。目を見るのが苦手な方は目と目の間を見るのはどうでしょうか?お辞儀をするときは「面接官の目」→「自分の足元」→「面接官の目」の順に視線を移しましょう。お辞儀後に目がヨソを向かないように。

 ハキハキと元気よく。下を見て話すと暗くなりがちです。前を向いて明るく。

姿勢 背筋を伸ばして、お辞儀もしっかりやりましょう。足を組むのはNGです。


本日は、メラビアンの法則と初頭効果をご紹介しました。


転職エージェントを利用してみる。

一人で悩んでいるよりもエージェントを利用した方が力強いパートナーになりえます。

リンクを貼っておきますのでご参考に。


障がい者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





この記事へのコメント

記事リンク