障害年金の講座に参加

国家資格キャリアコンサルタントの更新講習に参加。
障害年金の活用について学ぶ。



スポンサーリンク


「障害年金」というネーミングから「障害者」もしくは「障害者手帳」を持っていないと障害年金を取れないと思われる方が多いが、それは誤解。障害者でなくても手帳がなくても障害年金を得ることができる可能性がある。

要は、障害年金は病名を問わない。
では何を見るのか、それは「日常生活の大変さ」で見るということ。

例えば、ガンや糖尿病、人工透析、狭心症、心筋梗塞などの心疾患などなど。
本日の講師の話では「過去、片頭痛で障害年金に該当した人もいる」とのことであった。

障害年金が入れば、働く日数を減らして、その分、治療に集中することができるかもしれない。
今後、相談業務において必要に応じて障害年金を説明できるよう、しっかり学んでいく。




E9E16990-B52B-46D9-B0BB-8B709628BBD0.jpeg


障がい者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
発達障害ランキング

スポンサーリンク


この記事へのコメント

記事リンク