移行支援事業所での講義




現在二か所の就労移行支援事業所でキャリアアップ講座を担当している。

本日は、都内の就労移行支援事業所で講義を行った。
面接官が抱いている障害者に対する漠然とした不安、誤解、知識不足からくる偏見。それらを覆し不安から安心に変える「5つの安心材料」をお伝えした。



面接官はみんな不安なんです、心配なんです。

この応募者はちゃんと仕事してもらえるだろうか?

体調戻っているのだろうか?

職場の社員とうまくコミュニケーション取れるだろうか?


などなど。


心配、不安が絶えません。


この面接官の不安感を安心感に変えてあげられるかどうかが面接での肝、大事なポイントです。


「中々面接が突破できないよ!」という場合は残念ながら面接官の不安を安心に変えてあげることができていないということです。

この不安から安心に変えるための「安心材料」があります。


大きく5つありますが、ここでは一つ紹介します。


安心材料の一つ「配慮点」


企業は合理的配慮安全配慮義務があるため、面接時に必ずこのような質問をします。


mensetsu_hitori_man.png


「どのような配慮を希望されますか?」

「どのような配慮があると働きやすいですか?」


面接でこのように聞かれたら、あなたはしっかり答えられるでしょうか?



「複数の仕事を同時に与えられると混乱する傾向がありますが、一つの仕事であればしっかり仕事をこなせますのでご配慮いただけますでしょうか?」 ※ネガティブに伝わりがちな障害特性をポジティブに伝える超簡単な方法があります。参考に 「親近効果(投稿の下の方)」


「聴覚過敏がありますので静かな場所で作業させていただくか耳栓若しくはノイズキャンセラーをすることを配慮をお願いしたいです」


配慮して欲しいことは人それぞれ、誰しも苦手なこと配慮して欲しいことがあります。


ですが、私が講義をしているときや個別に相談を受けているときに「企業に配慮して欲しいことって何ですか?」と聞くと「うーーん、何でしょう?」と答えられない方が多いです。つまり、それは自己理解(障害理解、特性理解)ができていないということです。


スポンサーリンク


もし、面接時に答えられなかったり「配慮をお願いすることはないです」のような返答をすると面接官はどう思うでしょうか?


「良かった、配慮することはないのね!じゃ、採用!!」


とは決してなりません!あなたが配慮は不要と言った瞬間に面接官の不安感は増大され、こう思うでしょう。


「この応募者は自分の障害特性を理解できていないんだな」


人事 けっ!.jpg


結果は不採用です。


逆に、自分の配慮して欲しいことがしっかり言えれば「この応募者は自分の特性や対処法も理解できている、安心だな」と採用に繋がります。

また、言い方にもコツがあります。詳しくはこちら


面接官の不安感を安心感に変えるためにも、しっかり配慮して欲しいことが言えるように準備しましょう。

もし、自分一人では配慮して欲しいことが分からない場合はあなたの近くの支援者に相談しましょう。


近くの支援センターはこちら参照⇒ 地域の発達障害者支援センター一覧


67510180_2660213534031572_5603680342608183296_o.jpg


講義を行う中で気をつけているのが、伝える側と受ける側のニーズのズレ。講義をする側としては、受講者様のニーズを把握して伝えているつもりでも、受講者様側としては知りたいニーズとズレていることもある。

それは避けたい。

毎回とっている講義後のアンケートを通してニーズのズレがないかをフィードバックをいただきチェック。今回の満足度は平均96点。今後も有益な情報となるように。障害者枠を強気で進めることができるように尽力していく!


67142249_2660226380696954_2522982416667115520_o.jpg



発達障害ランキング障がい者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

この記事へのコメント

記事リンク