自分のキャラ知ってる??

自分の苦手なこと、そして得意なことを知る。そのためにも経験をたくさんしておく。


スポンサーリンク

発達障害者が就労する上で一番大事なのは自己理解(障害理解)

子どもであれば職業体験,大学生は出来るだけインターンに参加,成人であれば地域障害者職業センターなどに繋がる.上記を通じて自分の困難,課題を理解する.


自分のキャラを知り,そのキャラに合った仕事をする.


なにもエビデンスがなく、個人的見解ではあるが、発達障害者はなぜか自身が苦手な能力を必要とする職種を仕事として選択するケースが多いように思う。対人コミュニケーションが苦手な人が服の販売職を選ぶ、介護職を選ぶ、算数障害で暗算苦手な方が倉庫業など数字を使う仕事を選ぶ、予定通り進まないとパニックになる方が営業職など…

21B0D6BC-94AB-403B-A011-27865B8B98DF.jpeg


不得手であるので失敗をする、何度も間違い、上司に怒られ、自信をなくす、人によってはうつなど二次障害を起こすことも。なので、自分の苦手が分かれば、その能力が必要な仕事は選ばないようにする。自分自身に合理的配慮を行う。




「能力の輪の外のもの(あなたの苦手)でキャリアを積もうとしても上手くいかない、能力の輪の中のもの(あなたの得意)でキャリアを積むべきである」投資の神様 ウォーレンバフェット



自分の苦手なこと、そして得意なことを知る。
そのためにも経験をたくさんしておく。

苦手なこと、できないことがあると「なんて自分はダメなんだー」と自身を卑下する方もいる。

でも、考えて欲しい。

全ての分野において、出来る人っているだろうか?ほとんどの人は何かは得意でできるけど、別の何かは苦手とする人がほとんど。

私の場合で言えば暗算はさっぱり出来ないが、人前で話したり、人の相談を受けることは得意で好きなことだったりする。自分の苦手は暗算とか数字を使った仕事と知っているのでその仕事は選ばない(過去にやったことがあるが、ストレスが半端なかった・・)自分の得意である能力を生かして現在は講師として、相談員として楽しくやりがいを持って仕事をしている。

5D256905-3538-4B37-A724-E25EFEDEE987.png
(移行支援事業所での講義の写真)


自分の苦手が分かったら、ラッキーと思いましょう。

その能力が必要な仕事を最初から選択しないということができるようになります。苦手を理解するのと同時にあなたの得意もしくはやってて楽しいことなども見つけてくださいね。

もし、自分では得意も苦手も分からないと言う場合は、地域の障害者就労支援センターなどに相談してみましょう。応援してます!!


障がい者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
発達障害ランキング

スポンサーリンク

この記事へのコメント

記事リンク