手帳を取るべきか?

自分の特性から一般就労では難しい、安定して働けない、続かないという場合は、焦って次の仕事を探す前に手帳取得を踏まえ障害者枠の就労を検討しよう。



GettyImages-948421446-how-to-worry-less-skynesher.jpg



障害者手帳を取るべきかどうかは永遠のテーマであり、時間をかけゆっくりと本人が考えることです。


相談に来られる方で多いのは、一般就労で壁にぶつかり、その結果退職に至った方。


本人の希望から病院に行き、発達障害の診断を受けて、

「自分の特性が分かった」

「今まで仕事やプライベートでうまくいかないことばかりで、辛い日々が多かったが自分のせいではなかった、ほっとした」と言います。


そして、自分の障害をオープンにして、自分の障害特性に対して配慮をしてくれる「障害者雇用枠」での就労を検討されます。その決意をするまでには自分の障害を受容すること、障害者手帳を取ることを含めて、一歩一歩長い時間をかけて考えていきます。


「もう転職は繰り返したくない」

「自分の特性を理解してくれるところで安定して働きたい」


以上のような思いから障害者手帳を取得し障害者雇用枠での就労を決断する方が多いです。


スポンサーリンク



一方で自身の障害についてはクローズ(企業に黙って)にして一般就労を希望される方もみえます。理由は、一般的に障害者雇用と一般就労を比較すると給与、職種、キャリアアップなど障害者雇用は一般就労と比較すると見劣りする場合が残念ながら多いからです。現在、国は障害を持った方が多く働けるように企業や自治体などに法定雇用率を設け就労の窓口を広げ、実際に就労人数は増加しつつあり「量的改善」は進んでいますが、安心、安定して働き続けるための給与やキャリアなどの「質的改善」は現在の課題であり中々進んでいません。そんな中、自身の障害をオープンにするのではなくクローズにして一般就労を望む方もみえます。


障害を公表せずに一般就労で頑張っていくのも選択肢の一つです。


しかし、その場合、周りはあなたの障害特性を知らないわけですから、当然のごとく一般的な仕事量、仕事の質、仕事のスピードを求めます。業務の中にはあなたの苦手なマルチタスクや社外の電話を受けること、口頭指示を受けること、高度なコミュニケーション能力を求められることがあるかもしれず、覚悟が必要です。もし、なんらかの不安があるのであれば、障害者手帳を取得し、障害があることをオープンにし、障害者雇用枠で就職する選択肢があります。


障害者枠であれば、あなたの障害特性をある程度理解し必要な配慮、環境の中で安心して仕事ができますので、安定した長期就労に繋がる可能性が高くなります


自分の特性から一般就労では難しい、安定して働けない、続かないという場合は、焦って次の仕事を探す前に手帳取得を踏まえ障害者枠の就労を検討しよう。


関連:「障害者枠でずっと働かなくてはいけないの?」


障がい者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


スポンサーリンク

この記事へのコメント

記事リンク