学歴の書き方

学歴は職歴との「バランス」を考えて省略可。ただし、最終学歴は必ず書く


businessman-reading-resume-on-office-desk-859833350-5ad0102318ba0100372d1d06.jpg


学歴欄は、基本的に中学校は卒業年次のみを書き、高等学校以降、専門学校、短大、大学などの最終学歴までは入学年次と卒業年次を書きます。学歴欄は中学校卒業年次から書くのが基本ですが、これは絶対ではなく30代以降の方なら高校からでも構いません。

「職歴欄」に書く内容が多くある方の場合(離転職を繰り返しているなど)は「学歴欄」に多く書いてしまうとその分スペースを取られ、職歴を全部書くことが出来なくなります。「学歴欄」と「職歴欄」どちらを採用担当者は重視するでしょうか?即戦力となるのか今までの仕事の経験はどんなもがあるのかなどを知りたいので「職歴欄」を重視します。なので優先順位は職歴欄が上です。学歴欄を埋めすぎて職歴欄のスペースが足りなくなる・・それを防ぐためにも中学校卒業年次などを省略して書くことが出来ます。ただし、最終学歴は必ず書きます。

図1.jpg

スポンサーリンク

学歴

中学、高校などと略さず正確に書きます。例えば「慶応大学」ではなく「慶応義塾大学」と文字も名称も略さず正確に記入しましょう。また、「〇〇高校」ではなく「〇〇高等学校」と書くのが正しいです。

また、「予備校」「資格取得対策スクール」「パソコンスクール」「語学スクール」などは「学歴」とはならないので注意。これらは「免許・資格欄」に記入します。


学部、学科、専攻まで記入

卒業論文や研究テーマなどが「アピール」になる場合は合わせて記入します。


中途退学した場合

図3.jpg

退学の旨と退学理由を書きます。
例:「家庭の事情により中途退学」「健康上の理由により中途退学」「進路志望変更のため中途退学」など、簡単に中途退学した理由を記入。
注意:面接時に必ず退学の理由を聞かれます、聞かれても困らないように準備しておきましょう。




転職エージェントを使ってみよう


imagesCKU0AE64.jpg
一人では中々うまく就職活動が進まない、履歴書の書き方が分からない!という場合は、一人で悩まずに転職エージェントを活用してみましょう。履歴書や職務経歴書の書き方もしっかりと教えてくれます。キャリアコンサルタントや経験豊富なスタッフが多くの求人情報の中からあなたに合った求人の紹介をしてくれます。悩んで一歩も進まないのであれば、まずはエージェントに頼ることも選択肢の一つです。





ココルポ―トの就労移行支援サービス

2019年12月時点で、首都圏(1都3県)で42事業所、福岡に1事業所展開!

Cocorportでは90種類以上の多種多様なプログラムを提供しています。
特に、就職後の安定した職場定着を見据え、
コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。
プログラム参加を通じてご自身の強みや課題を見つけ、訓練することができます。

LITALICOワークスの就労移行支援サービス

就労移行支援LITALICOワークスは、全国に80か所以上!障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。これまでに 6,000名以上の方の就職をサポートしてきた実績があります。
働くことに悩んでいる障害のある方へ。障害・就職のこと、一人で悩んでいませんか。
まずはお気軽にご相談ください。就労支援のプロが悩みや不安を伺います。


障がい者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
発達障害ランキング

スポンサーリンク

この記事へのコメント

記事リンク