断る勇気を!

断る勇気と断る技術をもって自分のキャパシティーを超える場合は断りましょう。


C5834AA8-7DAC-4E4D-9183-AFD7EE4DEAF0.jpeg


普段就労相談を受けていると、ご相談の内容で少なくないのが「仕事を断れない」という相談。

相談者さん自身は既に自分のキャパを超えているにもかかわらず、上司や同僚から「この仕事お願い」と言われると断れず仕事を受けてしまう。既に自分のキャパを超えているので他の仕事をすることでオーバーヒート、仕事が終わらず心身ともに限界、ボロボロに。「もう辞めようかと思っています」と相談に来られる。頼まれる仕事を抱え込むことが常態化するとウツなどの二次障害になることもあり対策をとる必要がある。


頼まれると断れない・・


これは私自身もとても共感できる部分で、人からお願いされるとどうも断りづらい。断って相手に嫌な思いをさせるのではないか、自分の成長に繋がるのに断っていいのか、せっかく自分を頼ってきてくれているのに断ったら申し訳ないなどなど頼まれた瞬間に様々な思いの電気信号が脳内を駆け巡り、「良いですよー」と安請け合い。結果、大変な思いをする。


相談者さんの多くも「断りづらい」と感じているが、色々お話を伺っていると「断り方を知らない」「断るときの言葉のボキャブラリーが分からない」という方もいる。

仕事を受ける場合は「分かりました、やりますね」と答えればよく、発する言葉としては簡単である、一方で申し出を断る場合はこうは簡単にはいかない。お願いしてきた方の機嫌を損ねることなく、理解頂けるように、分かってもらえるように伝える必要がある、この「断り方」が分からず、結局仕事を受けているケースも多い。

なので、自分のキャパシティーを超えるようなことを頼まれたときは「きちんと断る」ことが大切。きちんと断ることが出来ればあなた自身を心身ともに守ることにも繋がりますしあなたの信用を損なう心配もありません。出来ないことは出来ないと断る勇気を持ちましょう。


スポンサーリンク



断り方 ポイントは3つ

・謝罪を伝える
 相手はあなたの能力を信頼し「〇〇さんだったらこの仕事は出来るだろう、お願いしたい」とあなたを信頼して仕事をお願いしてきます、その期待に応えることができないわけですから先ずは謝罪の言葉を伝えましょう。例「申し訳ないのですが」「せっかく声をかけて頂いたのですが」

・出来ない理由を説明する
 くどくど長く説明する必要はありません。相手に伝われば大丈夫です。「今仕事が立て込んでいまして、〇〇を今日中に終わらせなければなりません」

・代替案を立てる
 断るだけだと拒否されたような冷たい感じを与えかねません。「来週であれば」「明日であれば」など代替案を立てることによって印象を良く出来ます。


スポンサーリンク


断り方の例

「申し訳ありません、あいにく今〇〇の仕事をしておりまして、お引き受けすることが出来ません。明日であれば出来そうですがいかがでしょうか?」

「せっかくお声がけいただいたのですが、今週いっぱい会議で立て込んでおりましてお引き受けすることが出来ません。来週であればスケジュールの調整が出来ますがいかがでしょうか?」

「申し訳ないのですが、あいにく〇〇に関する知識を持ち合わせておらずお役に立てそうにありません。その件であれば〇〇さんが詳しいと思いますが私から〇〇さんに声をかけておきましょうか?」


上記3つのポイントを上手に使って断りましょう。発達障害の多くの人は生育過程で親や周りの大人から否定され自己肯定感、自尊心を失うような経験が多いために、極端に「人に嫌われたくない」「人から認められたい」「褒められたい」という思いを持ちがちです。安請け合いして体調を崩さないように「断る勇気」「断る技術」を身に着けましょう。

追記 お願いされたときに、上記3つのポイントを使ってきちんと断ることが大切と言いましたが、そうはいっても中々スラスラっと言葉が出ないこともあると思います、そんな時は

「お声がけ頂いていありがとうございます。出来るかどうかスケジュールを確認してから、〇時までにお返事致しますので少々お待ち頂けますでしょうか?」

上記のように上司に言い一先ず「保留」にします。一人になってゆっくり時間をかけてあなたの仕事量や能力、時間などをかんがみて最終的に「やる」「やらない」を判断し上司に伝えても良いです。





転職エージェントを使ってみよう

imagesCKU0AE64.jpg
一人では中々うまく就職活動が進まない、志望動機も書けない!という場合は、一人で悩まずに転職エージェントを活用してみましょう。キャリアコンサルタントや経験豊富なスタッフが多くの求人情報の中からあなたに合った求人の紹介をしてくれます。志望動機や他書類の書き方もしっかりと教えてくれます。悩んで一歩も進まないのであれば、まずはエージェントに頼ることも選択肢の一つです。



ココルポ―トの就労移行支援サービス

2019年12月時点で、首都圏(1都3県)で42事業所、福岡に1事業所展開!

Cocorportでは90種類以上の多種多様なプログラムを提供しています。
特に、就職後の安定した職場定着を見据え、
コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。
プログラム参加を通じてご自身の強みや課題を見つけ、訓練することができます。


LITALICOワークスの就労移行支援サービス

就労移行支援LITALICOワークスは、全国に80か所以上!障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。これまでに 6,000名以上の方の就職をサポートしてきた実績があります。
働くことに悩んでいる障害のある方へ。障害・就職のこと、一人で悩んでいませんか。
まずはお気軽にご相談ください。就労支援のプロが悩みや不安を伺います。

障がい者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
発達障害ランキング

スポンサーリンク

この記事へのコメント

記事リンク