ゲーム依存の対処方法(我が家の施策)

コロナの影響で我が子がゲーム依存傾向に💦我が家では「バウチャー制度」を取り入れてみた。タイムマネジメント能力を鍛え、自分で自分の時間をコントロール出来ているという感覚から自信をつけさせる。



Technology-for-Kids.png




長男(小学6年生)はオンラインゲームに依存傾向がある。元々ゲームは好きな方であったが、今回のコロナによる自粛で2か月程休校、家でやることがなく一日の大半をゲームに費やすようになった。一時間、二時間と一日のゲーム時間が長くなり、学校が再開した現在は勉強よりもゲームを優先するようになった。

やるべきことが出来ておらず、母親からのお叱りが飛ぶ毎日・・彼の自己肯定感が低くなっている。

・時間のコントロールをする必要がある
・失った自信を取り戻させたい
・タイムマネジメントの能力を上げさせたい
・親から「勉強しなさい!」などと抑圧されずに自分で楽しんで机に向かわせたい

などなど考え今回我が家では「バウチャー制度」を取り入れることにした。

4D01A44B-857F-450E-A53C-2D7A21B22283.jpeg
子どもが将来になりたいと言っている職業をチケットに貼り付け。長男は「小児外科医になりたい」と言っているのでその写真を貼り付け。


スポンサーリンク


バウチャー制度とは?

これは、一週間のゲームやインターネット時間を事前に決めておき、その分のチケットを週初めに子どもに渡しておく。子どもはゲームをするときにそのチケットを親に渡してゲーム開始、タイマーで時間をはかり、鳴ったら終了。一週間分のチケットを使い切ったら次の週初めまで新たなチケットはもらえないというルール。

スタンスは「自由にゲームをしてもいい。いいけどチケットの範囲でね」

この制度の大事なポイントは、ゲーム機やタブレットの所有権は子どもではなく親であること。親が機器を所有し子どもが使いたいときは申告してもらい「親が子どもに貸してあげる」というスタンスを徹底する。ゲーム機、タブレットの所有権は子どもに渡さないということ。

他ルールは以下の通り

・ゲームやネットは親の前で行う
・友達の家でゲームをした場合は申告してもらう
・〇週連続で約束を守れたらチケット一枚プレゼントなどご褒美を考える
・ネットは使い終わったら「一緒に」閲覧履歴を確認する。何に興味を持っているのかを確認、その興味について良いことも悪いことも
親子で話しあう。このとき「そんなの見てはダメ!」と親の物差しで決めない。気づきを与え成長につなげるような問いかけを行う。

例 暴力的なサイトを見ていたケース

親「どうしてこのサイトを見たの?」

子「なんとなく・・」

親「これを見てあなたはどう思った?」

子「・・・ちょっとグロいかな」

親「グロイってどういうこと?」

子「暴力とか・・」

親「そうだね、結構な暴力シーンだね、これを見てどう思った?」

子「うーーん、気持ちが悪くなった」

親「気持ちが悪くなった?見て後悔しているってこと?(うん)じゃ次に暴力シーンが出るようなサイトになったらどうする、どうしたい?」

子「すぐ閉じたい」

親「暴力シーンが出たらすぐ閉じたいんだね、私もその方が良いと思う、賛成だよ。そういうシーンが出ないようにする設定があるけど、設定して欲しい?(うん)分かった、じゃそういうサイトが出ないようにブロックをかけておくね」

子「ありがとう」

親が「暴力的なシーンは見るな」と頭ごなしに言っているのではなく、あくまで本人の考えの元で「見たくない」という自己決定を後押しする形です。また、親は子どもに語り掛け子どもは自分の気持ちや意志を親にしっかりと伝えています、これにより「ママは(パパは)僕の話をちゃんと聞いてくれて、僕の意志を尊重してくれた」と感じることができ、親に対する信頼が高まります。信頼度が高まれば将来苦しんだとき、悩んだときに相談をしてくれるようになります。


スポンサーリンク



バウチャー制度を取り入れることのメリットデメリットは

メリット
・チケットを使いつつゲームを行うことによって時間の感覚が身につく
・自分で時間をコントロールしているという感覚から自信がつく
ゲーム感覚でできる
・ネット使用後に閲覧を一緒にチェックするため、何に興味を持っているのか傾向を理解できる、親子の共通の話題にもできる。

デメリット
・ゲームやネットをする際は親がゲーム機やタブレットを貸してあげる必要があり、そこが手間
・ネット使用後に閲覧チェックを一緒に行うため、時間がかかるなど



週のゲーム時間はどうやって算出するか

週のゲーム時間を割り出す材料としては一日のやるべきことがどれぐらいの時間が必要かを先ず確認する必要がある。
学校からの宿題にどれぐらい時間がかかるのか?日記は?習い事は?

長男の毎日のやる事リストを確認すると約2時間かかることが分かった。
それにお風呂、食事、テレビなどのルーティンで1時間半

彼の帰宅は約18時、就寝時間は23時、家に帰ってから寝るまでの5時間が彼の使える時間でそこからやるべきこととお風呂などのルーティンの時間を引くと残りが1時間半となる。

やるべきこと2時間+ルーティン1時間半-5時間=1時間半

この1時間半が彼の自由な時間となる。宿題が上手く進まないなど30分のビハインドを考えて一日の自由に使っていい時間を1時間とする。週7日で7時間、友達の家でゲームをすることを鑑みて我が家では週10時間分のチケットを渡して様子を見ることにした。あまりキツキツの時間設定だと、友達の家でのゲーム時間を正直に申告してくれない可能性があるので。

スポンサーリンク

色々なパターンで実験♪

また、チケットの写真には以下バージョンで行い、子どものパフォーマンスを見る実験を行う。

・子どもが将来なりたいものを貼り付けるバージョン
(長男は将来小児外科医になりたいといっているのでその写真を貼り付けている)
・風景、動物など写真を貼り付けるバージョン
・勉強している状況のバージョン

どのパターンがより子どものパフォーマンスを上げるのか??

本日から実験開始!!

バウチャーチケットはパワポがあればテンプレートの「チケット」から作ることができる。

1A1132B7-8264-41F1-A3CC-2EEC72607A96.jpeg
(写真右が長男、左が次男)


【WEB面談(zoom使用)

online.jpg

発達障害者の就労支援を長く行い2,000名以上の相談実績があるキャリアコンサルタントによる面談です。

面談内容
・履歴書、職務経歴書、自己紹介シート※作成のアドバイス
※自己紹介シートとは?自身の障害特性をA4紙一枚にまとめたもの。得意、苦手、配慮などを記入。
・模擬面接(障害者枠の面接は「特殊」な質問を受けます、用意しておくことで自信をもって答えられます)
・就活の悩み相談(どんな仕事が向いている?障害は開示で行くべきかどうか?などなど)
・お仕事の悩み(現在仕事をしていて人間関係のつまづきなどの困り感をどう改善していくかなど)

金額
初回面談  90分 9,000円(税込み)
2回目以降  60分 6,000円(税込み)

面談料金の振込
面談日前日までにご入金頂きます。面談日が決定してから振込先をお伝えします。

キャンセルについて
前日までのキャンセルは「全額返金」します、当日キャンセルは「返金致しません」のでご注意ください。

お申し込み方法・流れ
このブログの右上にある「お問い合わせ」から必要事項をご記入の上、お申し込みください。

面談までの流れ
①「お問い合わせ」からのお申し込み 
②面談候補日確認 
③相談基本シートをメール送信(差し支えない範囲でご記入ください)
④振込先の案内
⑤面談

予約可能日程
① 7月1日(水)10時~
② 7月5日(日)18時~
③ 7月16日(木)18時~
④ 7月24日(金)18時~
⑤ 7月28日(火)18時~

転職エージェントを使ってみよう

imagesCKU0AE64.jpg
一人では中々うまく就職活動が進まない、志望動機も書けない!という場合は、一人で悩まずに転職エージェントを活用してみましょう。キャリアコンサルタントや経験豊富なスタッフが多くの求人情報の中からあなたに合った求人の紹介をしてくれます。志望動機や他書類の書き方もしっかりと教えてくれます。悩んで一歩も進まないのであれば、まずはエージェントに頼ることも選択肢の一つです。



ココルポ―トの就労移行支援サービス

2019年12月時点で、首都圏(1都3県)で42事業所、福岡に1事業所展開!

Cocorportでは90種類以上の多種多様なプログラムを提供しています。
特に、就職後の安定した職場定着を見据え、
コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。
プログラム参加を通じてご自身の強みや課題を見つけ、訓練することができます。


LITALICOワークスの就労移行支援サービス

就労移行支援LITALICOワークスは、全国に80か所以上!障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。これまでに 6,000名以上の方の就職をサポートしてきた実績があります。
働くことに悩んでいる障害のある方へ。障害・就職のこと、一人で悩んでいませんか。
まずはお気軽にご相談ください。就労支援のプロが悩みや不安を伺います。

発達障害者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
発達障害ランキング

スポンサーリンク

この記事へのコメント

記事リンク