クローズ就労?このスキルを得ておこう!

クローズ就労する場合に3つのスキルを身につけておくことが望まれる。困り感を伝えるスキル、対応スキル、相談スキルを得る。クローズで定着できている方はうまくこのスキルを使い自分で職場環境を調整している。


happy_woman_at_work.jpg



就職に際して障害をオープン(開示)にするかクローズ(非開示)にするか迷われている方は多い。その場合、開示非開示のメリットデメリットをお伝えしている。支援者としてこっちが良いよ、と言いたくなることがあるが、最初から私の考えや一般的な価値観を押し付けるのではなくあくまで情報を提供。最終的には、自己決定を尊重している。参考「開示か非開示か、それが問題だ」


もしあなたが開示非開示のメリットデメリットを考えて(必要であれば支援者、支援機関と相談しよう)結果的に「クローズ(非開示)」で仕事を探すとする、その場合是非とも身に付けた方が良いスキルがあるのでお伝えする。


クローズ就労する場合に身につけておくことが望ましいスキル

①自身の困り感を伝えるスキル

自分の苦手なこと、苦手な状況を事前に職場の上司などに言えるようにしましょう。

・過集中になると周りの声が聞こえなくなる、決して無視しているわけではない。肩をトントンしてくれたらOKです。
・計算が苦手なので笑われそうですが計算機使います。
・優先順位つけるのが苦手なので、確認させてください。
・ちょっと忘れっぽいところがあって、指示内容は毎回メモに取らせてください。
・私小さい頃から人見知りがひどくて誤解されることが本当に多いです。話せば意外と良い奴なので宜しくお願いします。などなど

自身の苦手、困り感を配属されたその日の挨拶など早めに伝えておくことが誤解を避けることが出来ます。一度誤解をさせると修復まで時間がかかるので後手に回るのではなく先に伝えて先手を打ちます。 


スポンサーリンク



②自身の困りごとに対処する対応スキル

職場環境において陥る困り感に対して自身でできる対処方法を前もって考えておこう。

・不注意優位型でケアレスミスが多いので、やることリストを必ず書き、優先順位は上司に都度確認し一つ一つクリアーにしていく。
・慌てるとミスを生じがちなので一つ一つチェックを行い、最後に同僚や上司に確認してもらう。
・人の話がイマイチ頭に入ってこない(理解できない)必要に応じて録音をする。などなど

自分が何に困っているのか客観的に自身を中々見づらい方もいます。「よく分からないけど最終的に居づらくなっていつも仕事を辞めています」→自身のニーズが分からなければ対応スキルも身につけません、そんなときは過去の職歴からあなたの「辞め方」を確認しましょう。A4用紙に会社名と時期、辞めるに至った理由を箇条書きでザーと書きます、そうするとあなたの辞めるに至るパターンが見えてきます、そこがあなたの困り感、対応した方が良いニーズとなります。よくわからなければこのブログの最後にある支援機関若しくは私貫井にご相談ください(WEB面談出来ます)


スポンサーリンク


③相談スキル

仕事での困り感、生きづらさなどなどを話せる相談者はいますか?話すことで感情や状況を整理することが出来ます、またネガティブな思いを「話す」ことでその思いを「離す」ことにも繋がります。自身の精神安定のためにも相談に乗ってくれる方が必要です。

あなたが感じている悩み、困りごとを1人で抱えると解決できないばかりか状況は悪化、更にはうつ、不安障害、適応障害などの二次障害にもなり兼ねません。地域の発達障害支援センターや支援者と繋がり相談しましょう。1人で思い悩むのはやめましょう。


非開示で就労する場合は是非以上3つのスキルを身につけましょう


一人で抱えない、繋がろう!

あなたのその悩み、相談できるところは多くあります。
就労に関することであればハローワークの障害者コーナー、地域障害者職業センター、障害者就業・生活支援センターなどが相談窓口となります。引きこもり対策などでは若者サポートステーションがあります。また、総合的な支援としては発達障害者支援センターが各都道府県にあります。ネットでお近くの相談機関を確認し「相談したいのですが」と電話、繋がりましょう。私貫井もWeb面談(対面も可)を通して相談を受けます。


発達障害者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
発達障害ランキング

【WEB面談(zoom使用)

online.jpg

発達障害者の就労支援を長く行い2,000名以上の相談実績があるキャリアコンサルタントによる面談です。

面談内容
・履歴書、職務経歴書、自己紹介シート※作成のアドバイス
※自己紹介シートとは?自身の障害特性をA4紙一枚にまとめたもの。得意、苦手、配慮などを記入。
・模擬面接(障害者枠の面接は「特殊」な質問を受けます、用意しておくことで自信をもって答えられます)
・就活の悩み相談(どんな仕事が向いている?障害は開示で行くべきかどうか?などなど)
・お仕事の悩み(現在仕事をしていて人間関係のつまづきなどの困り感をどう改善していくかなど)

金額
初回面談  90分 9,000円(税込み)
2回目以降  60分 6,000円(税込み)

面談料金の振込
面談日前日までにご入金頂きます。面談日が決定してから振込先をお伝えします。

キャンセルについて
前日までのキャンセルは「全額返金」します、当日キャンセルは「返金致しません」のでご注意ください。

お申し込み方法・流れ
このブログの右上にある「お問い合わせ」から必要事項をご記入の上、お申し込みください。
①「お問い合わせ」からのお申し込み 
②面談候補日確認 
③相談基本シートをメール送信(差し支えない範囲でご記入ください)
④振込先の案内
⑤面談

予約可能日程
8月Web面談の日程ですが以下の通りです
①1日土曜日 19時
②5日水曜日 13時,18時
③13日木曜日 13時,18時
④15日土曜日 19時
⑤29日土曜日 19時


転職エージェントを使ってみよう

imagesCKU0AE64.jpg
一人では中々うまく就職活動が進まない、志望動機も書けない!という場合は、一人で悩まずに転職エージェントを活用してみましょう。キャリアコンサルタントや経験豊富なスタッフが多くの求人情報の中からあなたに合った求人の紹介をしてくれます。志望動機や他書類の書き方もしっかりと教えてくれます。悩んで一歩も進まないのであれば、まずはエージェントに頼ることも選択肢の一つです。

ココルポ―トの就労移行支援サービス

2019年12月時点で、首都圏(1都3県)で42事業所、福岡に1事業所展開!

Cocorportでは90種類以上の多種多様なプログラムを提供しています。
特に、就職後の安定した職場定着を見据え、
コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。
プログラム参加を通じてご自身の強みや課題を見つけ、訓練することができます。

LITALICOワークスの就労移行支援サービス

就労移行支援LITALICOワークスは、全国に80か所以上!障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。これまでに 6,000名以上の方の就職をサポートしてきた実績があります。
働くことに悩んでいる障害のある方へ。障害・就職のこと、一人で悩んでいませんか。
まずはお気軽にご相談ください。就労支援のプロが悩みや不安を伺います。

発達障害者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
発達障害ランキング
スポンサーリンク

この記事へのコメント

記事リンク