配慮点「苦手」

あなたの「苦手」を伝えることで、採用側は「安心」に変わることがあります
伝え方は「親近効果」を使いましょう



出来るスタンスは止めておく

人事担当者が考えるあなたの適材適所、これを面接時に判断したい。
苦手なことも判断材料です。

「苦手なことは何ですか?」
「出来ることと、出来ないことはありますか?」
他、それに類する質問をしてくる場合があります。

これはあなたを落とそうとする意地悪な質問ではなく、
無理のないところに配属してもらうための大事な質問です。

ですので

「これを言ったら落とされるかもしれない(言うのやめとこう・・)」
「電話の応対は苦手だけど大丈夫と言っておこう」

苦手な部分を見せずに「出来るスタンス」で伝えるのは止めておきましょう。


電話対応に追われる会社員のイラスト(女性)


もし、苦手なこと、できないことを「隠して」職に就き、何か問題が起きた場合、会社や一緒に働いている同僚、お客様や取引先にも迷惑をかけてしまいます。また、今後その会社が障がい者雇用を考える際に「大丈夫かな」と疑心暗鬼になり他の障がい者の採用にも関わってくる可能性があります。あなた一人だけの問題ではなくなります。


更に言えば、苦手なことを「できる」と言って職に就いた場合、あなたにかかるストレスが心配です。内定をもらうことは大事なことですが、それがゴールではありません。求めるゴールはあくまでもそのずっと先にあるはずです。


スポンサーリンク


早く内定が欲しいと、焦る気持ちは理解できますが、ここは一つ深呼吸です。
ご自身のゴール、どこに向かって歩みを進めたいのか、たどり着きたい目的地とその方法を今一度整理してみませんか。

登りたい山はどこですか?
その山を登るためにはどんな方法がありますか?
登るためにはどんな経験、知識が必要ですか?
登るために今あなたは何ができますか?

何度も言いますが、内定をもらうことがゴールではありません。
登りたい山、たどり着きたい目的地を見据えて焦らずゆっくり進んでいきましょう。

ゆえに、無理はしない。できるできないは、きちんと相手に伝える。あなたのことをしっかり理解してもらったその上で、職に就いたほうが結果的には良いと思います。




あなたの苦手なことは

あなたの苦手なことを知ることは適材適所の配属を考える上で重要なことと申しました。
障がい当事者の方に「苦手なことはなんですか?」と質問すると以下のような回答が返ってくることがあります(障害特性による、あくまで例えば)

  • 計算
  • 人とのコミュニケーション
  • 電話の受け答え(社内はいいけど、社外は駄目など)
  • 飲み会参加
  • 叱責を受けること
  • 口頭での指示
などなど。
ここでちょっと、障がい者採用に慣れた採用担当と不慣れな採用担当の頭の中を覗いてみたいと思います。


先ずは障がい者採用に「慣れた」担当者から行きましょう。



面接女性2.png


面接官:あなたの苦手なことを教えてください。
応募者:口頭での指示を受けることは苦手です。
面接官:分かりました、では、その場でメモをとって頂くことで解決しますか?
応募者:はい、メモを取らせて頂けるのであれば大丈夫です。


応募者:電話の受け答えが難しいです。
面接官:そうなんですね、では社外の電話は受けないとして、「社内」の電話は取れそうですか?
応募者:あぁーそうですね、、社内も社外も電話の受け答えは難しいです。
面接官:分かりました、大丈夫ですよ(電話を取らないように調整するか、他の部署で考えるか)




はい、次に「不慣れな」担当者です。


人事 けっ!.jpg

面接官:あなたの苦手なことを教えてください。
応募者:口頭での指示を受けることは苦手です。
面接官:口頭での指示を受けることが苦手ですか・・(どうやって指示だすの??)

応募者:電話の受け答えが難しいです。
面接官:え?!電話取れないんですか?(じゃ採用できないな)

スポンサーリンク



脳内変換を起こす!

障がい者雇用に慣れた採用担当者と不慣れな採用担当者で考え方が見事に違っているのが理解いただけると思います。障がい者採用に、慣れた担当者は「苦手」を聞いた際に、「では、これはできるか?」「こういう配慮をすればどうだ?」とすぐに脳内変換し聞いてくれます。一方で、不慣れな担当者は、出来ないことを「じゃ、これならどう?」と中々脳内変換できません。

出来ないこと、苦手なことを聞いた不慣れな担当者のメモ書きには「電話取れない」「口頭指示できない」とだけ書かれ、後日、多くの応募者の中から採用不採用を選ぶ際に、そういったネガティブ情報がメモ書きされた方から不採用のファイルに入ることになります。

では、どのようにすれば不慣れな採用担当にしっかりご自身のことを伝えられるかです。脳内変換をしていただけるような言い方、気づきを与える言い方ができればいいわけです。

次に、それを一緒に考えていきましょう。


スポンサーリンク



言う順番で与える印象が変わる!!

親近効果を紹介する。これは行動経済学用語の一つで、ネガティブな情報、例えば自身の苦手などを伝える際に相手にポジティブに伝える方法である。ポイントは、ネガティブな情報を先に伝え、ポジティブな情報を後で伝えること。

例えば、以下で考えてみよう。

あなたが大好きな彼(彼女)とデート。美味しいという評判のお寿司屋さんに一緒に行った。


カウンターのお寿司屋さんのイラスト「へいお待ち!」


食後、彼(彼女)から「どうだった?」と聞かれ、あなたはこう答えた。

Aさん「美味しかったけど、高かったね」
Bさん「・・・せっかくきたのに・・台無し・・」

Aさんの「おいしかった」と「高かった」この並びを逆にするとどうでしょうか?

Aさん「高かったけど、美味しかったね!」
Bさん「そうだね、美味しかったよね!また、行こう!」

もう一つ例。

彼が彼女とデート
試着室から出てきた彼女がこう彼氏に聞いてきました。



試着のイラスト

Aさん「この服どうかな?」
Bさん「かわいいけど、派手だね」
Aさん「派手!?こ〇す!(自粛)」

これも、順番を変えます。

Aさん「派手だけど、かわいいね!」
Bさん「かわいい?ありがとう!」

2つの例を見てみましたが、順番を変えるだけで随分印象が変わることに気づいていただいたかと思います。
私たちは、複数の情報を順番に提示されたときに、後に提示された方を印象強く評価する「親近効果」と呼ばれる心理現象があります。そのため、同じ情報でもネガティブなことを最後に言うと相手はネガティブな印象を持ち、ポジティブなことを最後に言うと相手はポジティブな印象を抱く傾向があります。要するに終わり良ければ総て良しです。



障がい者採用で考えるとどうでしょうか。
AさんとBさん、あなたが採用担当者だったらどちらを採用しますか?一緒に考えてみましょう。

Aさん 薬の影響で昼間に猛烈な睡魔に襲われることがあります、申し訳ありません。。(汗)

Bさん 薬の影響で昼間に猛烈な睡魔に襲われることがありますが、そのときは10分間ほど休憩させて頂ければ回復しますのでご安心下さい(キリッ!)


もう一つ


Aさん タスクを同時に与えられると混乱しがちです。。(汗)

Bさん  タスクを同時に与えられると混乱しがちですが一つであればしっかり集中してできます(キリッ!)


どうですか印象違いませんか?

もし、あながた面接官であればAさんとBさんどちらを採用するでしょか。
恐らく、Bさんを選択すると思います。Aさんはネガティブな情報のみで終わっているので、ネガティブな印象を相手に抱かせています。一方で、Bさんはどうでしょうか?先にネガティブな情報をもってきて、後でポジティブな情報をもってくることで、最後に良い印象を与えています。面接のときや履歴書、職務経歴書などを書く時にも、この親近効果は使えます。ネガティブな情報を先、ポジティブな情報を後です。ぜひやってみてください!!

親近効果と一緒に「初頭効果」もいかが?


最後に

大企業では障がい者雇用は随分浸透し企業に課されている障害者法定雇用率を達成している企業も増えてきました。一方で中小企業はまだまだ未達成のところも多く、そもそも「ゼロ人雇用(一人も雇用していない)」も実は少なくありません。ゆえに採用担当者もどうやって採用すればいいか分からない、手探り状態なのです。

障がい者採用頼むよ!と上席から言われ、研修も準備も何もできないまま採用やっている人も結構います。
「前任者の異動に伴い私が障がい者採用をすることになったのですが、実は全く障がい者雇用が分かっていないんです!!我が社は何人雇わなければいけないのでしょうか?」という人もいました。

前任者、ちゃんと引き継いでいけYO!!!!
(# ゚Д゚)

苦手なことをきちんと伝え、理解してもらいお互い納得の上で仕事を始めましょう。
きちんと伝えると内定が中々もらえない?あなたの伝え方、ネガティブな情報を与えるだけで終わっていませんか?親近効果を試してみましょう!与える印象が変わります!応援しています!




今日はここまで。
次回はてんかんに関して少し書きたいと思います。
それでは、今日はここまで。
アディオス!! ☆(`・ω・´)ノ

※補足、修正 2017年2月19日


障がい者の就労を支援するためのブログです。
是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


転職エージェントを使ってみよう!

imagesCKU0AE64.jpg

一人では中々うまく就職活動が進まない!という場合は、一人で悩まずに転職エージェントを活用してみましょう。キャリアコンサルタントや経験豊富なスタッフが多くの求人情報の中からあなたに合った求人の紹介をしてくれます。悩んで一歩も進まないのであれば、まずはエージェントに頼ることも選択肢の一つです。


スポンサーリンク




"配慮点「苦手」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

記事リンク