ASD児者が抱える心的時間移動とは

ASD児者は「好き」が増え辛く、逆に「嫌い」が増えやすい。昔に経験した嫌なことがついさっきあった体験のように思い出され本人は苦しみを抱えて生きている場合も。



GettyImages-948421446-how-to-worry-less-skynesher.jpg


ASD児者の傾向として「好きなもの」が増え辛く「嫌いなもの」が増えやすいことがあげられる。

記憶力が良く、一回嫌な思いをした場所、失敗した経験、酷いことを言ってきた相手はよく覚えている。

結果的に行きたくない場所、関わりたくない人、やりたくないことなどが増えやすい。


ずいぶん昔に経験した嫌な出来事を「ついさっき起こった出来事」のように思い出す方も多く、その事象を精神病理学の内藤美加は「心的時間移動(心的タイムトラベル)」と言い、ASD児者はその特性を持っている場合が多いと示唆。


スポンサーリンク

実際、大人の発達障害者の面談を行っていく中で

「親から〇〇と言われて、すごく嫌だったんです」

「上司から〇〇と怒られて、それ以来やる気が・・」

などと言われることが多い。

最近あったかのように話すのでこちらも確認で「それはいつ言われたのですか?」と質問すると

「親から言われたのは20年前の小学2年生ぐらいです」などと言われることも。

(; ・`д・´) めっちゃ前やん!!


しかも、その時の嫌だった感情、温度感が全く下がらず今に至る場合が少なくない。


面談中に時系列がバラバラで話されるので私が混乱することもある💦

ASD児者は、「記憶力が良い(特に嫌な出来事)」がそれは忘れるのが苦手ということ。

特に嫌な経験、出来事を中々忘れてくれない。

そういった意味では、「忘れる能力が障害されている」とも言えるかもしれない。



参考 内藤美加(2016)「自閉症スペクトラム障害の認知発達的研究ー記憶の発達と心的タイムトラベルー」


障がい者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
発達障害ランキング


転職エージェントを使ってみよう

imagesCKU0AE64.jpg
一人では中々うまく就職活動が進まない、志望動機も書けない!という場合は、一人で悩まずに転職エージェントを活用してみましょう。キャリアコンサルタントや経験豊富なスタッフが多くの求人情報の中からあなたに合った求人の紹介をしてくれます。志望動機や他書類の書き方もしっかりと教えてくれます。悩んで一歩も進まないのであれば、まずはエージェントに頼ることも選択肢の一つです。


ココルポ―トの就労移行支援サービス

2019年12月時点で、首都圏(1都3県)で42事業所、福岡に1事業所展開!

Cocorportでは90種類以上の多種多様なプログラムを提供しています。
特に、就職後の安定した職場定着を見据え、
コミュニケーションスキルやストレス耐性を身に付けるトレーニングに力を入れています。
プログラム参加を通じてご自身の強みや課題を見つけ、訓練することができます。

LITALICOワークスの就労移行支援サービス

就労移行支援LITALICOワークスは、全国に80か所以上!障害のある一人ひとりを理解し、その人にあった目標やペースで、就職までの道のりをサポートし、その人が安心して職場で活躍できるように関係機関と協力しながら支援します。これまでに 6,000名以上の方の就職をサポートしてきた実績があります。
働くことに悩んでいる障害のある方へ。障害・就職のこと、一人で悩んでいませんか。
まずはお気軽にご相談ください。就労支援のプロが悩みや不安を伺います。

発達障害者の就労を支援するためのブログです。 是非ポチッと応援お願いします!ありがとうございます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
発達障害ランキング
スポンサーリンク

"ASD児者が抱える心的時間移動とは"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

記事リンク